靭帯再建3年目の雪山ログ   .ノーモアクラッシュ     .  ノーモア靭帯断裂       .滑らないときはスイーツ日記  .その他落語とか山登りとか


by mandowj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

六甲山ヒルクライム 

今年の春はどこに行こうか?
今年の夏はどこに行こうか?
春の桜も夏の海も あなたと見たいあなたと居たい
今年の秋はどこに行こうか?
今年の冬はどこに行こうか?
秋の紅葉も冬の雪も あなたと見たいあなたと居たい




前回のちゃりんこブラリ旅・摂津高槻編のコメントで
上り坂は普通の自転車だとシンドイぞ という話になったので。

実際にやってみよう。
どれくらいしんどいのか?
六甲山ヒルクライム!


うちの近所、高羽の交差点からヒルクライムスタート。
a0125171_23555676.jpg


普段 坂道立ち漕ぎ は冒頭の曲を歌いながら坂の頂点まで一気に上がるのですが
今日はあかん、漕いでも漕いでも進まん。(わかってたけど)
降りて押す、乗ってこぐ、おす、こぐ、押す、押す、押す・・・

30分弱で 六甲ケーブル下駅 に到着。梅雨の晴れ間の土曜日だけあって行楽客の姿が。
しかしオレは自力で行くのだ。
a0125171_275317.jpg


さらに30分、ようやく 表六甲ドライブウェイ 入口。
車で通ってても急坂と思ってたのに 一般チャリだとどうなるんだろう。

表六甲ワインディング中の絶景ポイント。
前から気になってましたが車停めてまでは撮れないので
自転車で来て初めて撮る事が出来ました。(天気いまいちですが)
a0125171_0135975.jpg

後ろから来たバイクの異人さんに
「だいじょうぶデスカ?ワタシのバイクの後ろに捕まっていくカイ?」と言ってもらったり
オレ昔原付でそれやってポリスメンに捕まったコトあるのよね。安全運転義務違反とやらで。
すれ違いのダウンヒルの本気レーサーさんに 親指ピッ と無言の励ましをもらったり。
ちょっとした出会いを楽しみつつ漕いで押して押して

表六甲に入ってから ほとんど押して歩いて約30分。
鉢巻展望台 に到着。ここで小休憩。
今日は六甲アイランドまでしか見通せませんが
大阪湾ぐるりの夜景で有名なところです。夜景はこちら参照
a0125171_022164.jpg



ココまできたらあと少し。漕ぐこぐおすこぐおすおすおす
25分後見覚えのある看板。ついに表六甲ドライブウェイ制覇。ちょっと感動。
a0125171_2152758.jpg



久しぶりに楽に漕げる!前に進む!チャリが速い!
あぁ、自転車ってラクな乗り物だったんだ。
a0125171_1154955.jpg





などと思ったのも束の間。
六甲山頂の走路も結構アップダウンが厳しいのだ。
車だとあまり気にならなかったけどホールオブホールズからが地獄の上り坂。
あきらめて再び押したり漕いだり歩いたり。


六甲山カンツリーハウス に到着。ここで軽食休憩。
かつてワタシが通った 六甲山[人工]スキー場 は この敷地で冬だけ営業してます。
夏場に来るのは十数年ぶりですが、驚いた事に駐車場満車寸前。
バーベキューサイトが人気のようです。家族連れや若者グループがたくさん居ました。
a0125171_1185614.jpg



六甲山ガーデンテラス 見晴らしの塔。
摩耶山掬星台にならぶ神戸夜景スポットだそうです。
ここは初めて来ました。いつごろ出来たんでしょう。昔は「回る十国展望台」だったぞ。
a0125171_119495.jpg



登ってみて大阪湾の眺望より気になったのが 宮崎駿チックなこの建物。
a0125171_1435949.jpg

自然体感展望台「六甲枝垂れ(しだれ)」という施設らしいです。
7月13日(火)オープン。もうすぐですね。この日は関係者の内覧会をしてました。



ガーデンテラスから更にすすんで最後はここ。
六甲山最高峰。
疲れもふっとぶ達成感。てっぺんに到達したぞー
a0125171_1491576.jpg


が、最高峰の碑よりこっちのほうが興味深かったりする。職業柄?
a0125171_1585170.jpg







登坂路は8割がた徒歩。いわゆる自転車のヒルクライムとは違いますが
自力で六甲山頂まで上がりました。
筋力・体力・走行技術より 精 神 力 ですw
なんか白馬のてっぺんでもこんなこと言われた気が・・・


いまならモリクマの地獄のラッセルも出来そうな気がする。


 続く
[PR]
by mandowj | 2010-07-10 21:00 | いろいろ楽しむ