靭帯再建3年目の雪山ログ   .ノーモアクラッシュ     .  ノーモア靭帯断裂       .滑らないときはスイーツ日記  .その他落語とか山登りとか


by mandowj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:六甲山 ( 24 ) タグの人気記事

雪シーズンも無事終わったので、山歩き部門に入ります。


今年も 六甲山ツーデイウォーク(公式サイト)に参加しました。
昨年は張り切って2日とも登りましたが、今回は2日目の健脚コースへ。

9:30 スタートは我が家の近所、深田池。
10:25 五助分岐、ここから石切道スタート。
a0125171_145422.jpg

a0125171_151011.jpg

10:50 石がごろごろ積んでる休憩ポイント
a0125171_15445.jpg

11:45 道中ずーっと一定した急勾配。道が細くなり渋滞。
a0125171_16443.jpg

11:50 もう登りよろしいわ、思てたころにスタッフさんの激励文。
a0125171_165725.jpg

12:10 石切道唯一の眺望ポイント。
a0125171_17442.jpg

12:25 カンツリーハウス到着。今年も賑わってます。ここまでおよそ8km。獲得標高800m。
a0125171_18285.jpg


昼食に粋甘食堂感動冷麺を食べながら、ワタナベフラワーのライブを見る。
a0125171_113260.jpg


13:45カンツリーハウス出発。ここからはツーデイを離れて自主ハイキング。

14:35アイスロードから降ります。下り口は六甲山ホテルのあたり。
a0125171_116763.jpg

15:00途中3度ほど出てくる沢渡り。水が冷たい。
a0125171_1175356.jpg

a0125171_118397.jpg

15:10アイスロードの解説文登場。昔の人は偉かったのね。氷運んだり魚運んだり。
a0125171_118599.jpg

15:25アイスロード終了。表六甲ドライブウェイのカーブまっさなかに出てきます。
a0125171_1224865.jpg


15:28これやりたかってん。このヒツジ乗りたかってん。 (c)くんちゃん

a0125171_142614.jpg


16:30実は山道終わってからがまた長い。1時間かけてJR六甲道ちかくの灘温泉到着。安堵のあまり写真忘れる。ここはハイカーにもランナーにも優しい温泉。

17:30駅前で飲む!本日終了、オツカレ!
a0125171_1365614.jpg

[PR]
by mandowj | 2014-05-25 17:30 | いろいろ楽しむ
ジムで発足した山登りサークル

第2回は須磨浦公園~須磨アルプス~板宿のコース。
今回はルート経験者の私がリーダー。総勢17人、大人の遠足でした。

8時に須磨浦公園集合。遅刻者ゼロ、すばらしい。
a0125171_1982267.jpg

須磨浦山上遊園手前で雨。予報は午後からなのに早いじゃないか。雨宿り1回目。
a0125171_1994468.jpg

Corerful Rucksuck-cover Collection in Mt.Hachibuse.
a0125171_1912489.jpg

しばらく進んで高倉台手前。ド雨。第2回雨宿り。
a0125171_19125134.jpg

小降りになったところで出発。このコース唯一の難所、「天空へ続く階段」
a0125171_19134040.jpg

栂尾山、横尾山を経てようやく到着、メインディッシュの須磨アルプス。
何度きても楽しい。初めての人ももちろん楽しい。
a0125171_191532.jpg

a0125171_19151257.jpg

a0125171_1916114.jpg


みんなで登る山も楽しいわぁ。
山経験者も続々増え、ますます楽しい山ライフ。
[PR]
by mandowj | 2013-07-15 13:00 | いろいろ楽しむ
ツーデイウォーク2日目。

本日のコース
王子公園→上野道→摩耶山→アゴニー坂→穂高湖→カンツリーハウス

スタートは王子公園
a0125171_2333066.jpg

上野道からぞろぞろ。
a0125171_2333665.jpg

40分ほどで虹の駅到着。
a0125171_233421.jpg

旧天上山山門。ここからめっちゃしんどいねん。おれ知ってんねん。
a0125171_2334671.jpg

石段。
a0125171_2335081.jpg

どこまでも続く石段。
a0125171_2335485.jpg

石段段ダ段段……
a0125171_2335862.jpg

石段がついに終了、掬星台からの眺め。
a0125171_234444.jpg

少し寄り道、摩耶山山頂三級三角点。
a0125171_2341272.jpg

休憩ポイント穂高湖。おだやか。
a0125171_2341645.jpg

コースから外れて寄り道、せっかく穂高湖に来たのでシェール槍へ。
ロックガーデンよりイカツイ岩が10分ほど続きます。
a0125171_2342052.jpg

シェール槍頂上からの眺め。360度のパノラマ展望。きもちええ。
a0125171_235592.jpg

ゴールのカンツリーハウス到着。
a0125171_2352695.jpg

帰りは紅葉谷から有馬方面へ。魚屋道よりワイルドで面白い。
a0125171_2354282.jpg

有馬でひとっぷろ。2日続けての楽しいハイキングでした。
a0125171_235494.jpg

[PR]
by mandowj | 2013-05-26 17:30 | いろいろ楽しむ
阪急阪神の駅でここんとこずっと宣伝してた
「第4回 神戸・六甲山ツーデイウォーク」に参加しました。
a0125171_20203147.jpg


自分でルートを考えるのは山登りの楽しみのひとつですが
イベントコースを自分のペースで行くのも気楽で楽しい。
1日目の上級者ルートはこんなの。

深田池→白鶴美術館→渦森橋→寒天山道→神戸ゴルフ場→カンツリーハウス。
a0125171_2020266.jpg

a0125171_2020918.jpg

a0125171_20201369.jpg

a0125171_20201721.jpg

a0125171_20202213.jpg

a0125171_20202771.jpg

帰りに寄った展望台でグルームさんにご挨拶。
a0125171_20204577.jpg

a0125171_20204922.jpg

ツーデイウォークというからには2日参加しなければ。
明日も登るよ、起きれたら。
[PR]
by mandowj | 2013-05-25 19:35 | いろいろ楽しむ
月例なんておこがましいこと言うのやめました。
心機一転、気まぐれ六甲山。年間6回目指します。

ジムの山好きさんの呼びかけで、老若男女16人のパーティーで登ってきました。
本隊はJR住吉駅から、第2班は白鶴美術館で合流。
a0125171_12564277.jpg

五助ダム
a0125171_12564217.jpg

沢も渡って
a0125171_12564415.jpg


3時間半で最高峰。
大人数ならではの楽しさがありますね。昼食もわいわい。
a0125171_1814483.jpg



下りは魚屋道をゆったりと
a0125171_132622.jpg


かんぽの宿で入湯、一休み。
a0125171_1314935.jpg


軽く乾杯ののち、帰りは阪急バスで三宮まで。
たのしいGWの六甲山~有馬
a0125171_13288.jpg

でした。
[PR]
by mandowj | 2013-04-29 16:00 | いろいろ楽しむ
六甲ミーツ・アート芸術散歩2012に行って来ましたレポ
最後は
六甲枝垂れとガーデンテラス、六甲ケーブル山上駅に六甲山ホテル。

<六甲枝垂れ>
梅田和弥 Wind Variations 六
建物そのものがアート作品のような六甲枝垂れの枝部分に
回転式音具(竹笛)をたくさんとりつけた作品。六甲山の風が竹笛鳴らします。
a0125171_18542053.jpg


ゼロバイゼロ そらたまり
水底に敷いた鏡に空が映って、「そらたまり」。
タイミングわるく日陰でした。日が差して青空映るととてもきれいはず。
a0125171_18543828.jpg



スサイタカコ おやすみなさい またあした。
「螺旋を行き交う人々は、人生における一期一会のように繰り返されます」な作品。
a0125171_18574336.jpg
a0125171_18574779.jpg

備え付けの万華鏡レンズを通してみるとこのように。
a0125171_18575026.jpg



<ガーデンテラス>
藤江竜太郎 tribute flowers
カラフルな布のトンネルの中から神戸の街をみよう、という作品。
a0125171_1931469.jpg

後姿のモデルは見知らぬカップルさん。
a0125171_1945318.jpg

ほんで、街を見下ろす写真を撮り忘れたという失態。



福本歩 六甲借景祭壇
その昔、六甲星人が六甲の景色に感動し、風景を祀ったという祭壇。
a0125171_1961698.jpg

六甲星人。顔に甲羅が6つ。フッ
a0125171_1963562.jpg



<六甲ケーブル山上駅>
淺井裕介 根っこのカクレンボ@六甲ケーブル
蔦のような根や葉が駅中に広がります。
a0125171_1994136.jpg

a0125171_1995111.jpg

a0125171_1910120.jpg



<六甲山ホテル>
東恩納裕一 untitled(necklace)
ヒガシオンナさんの蛍光灯作品は各会場にたくさんありましたが
一番楽しかった鹿さんにネックレス。
a0125171_1344426.jpg

蛍光灯の写真をきれいに撮るのって難しいですね。光源との戦い。


横溝美由紀 Between the world and the other world
「自然と都市」をテーマに水平線、垂直線との交差を使った立体と平面作品。 だそうです。
a0125171_0312092.jpg

a0125171_0313641.jpg

ごめんなさい。私にはこの良さが分かりません。
クリア波板が整理して積んでるのは分かります。
安全パトロールなら100点です。




なお。
六甲ケーブル山上駅横 ヒルトップギャラリー
 TOMIMOTRAVEL 『私のバスはどこですか?~顔食めてバス探し編~』
 赤坂有芽 stories
この2つは10月土曜は16:00までの展示。
私が行った16:30にはジャズ演奏をしてました。
TOMIMOTRAVELさんの顔はめは各地にあります。
11/11(日)にご本人とめぐるツアーがあるようです。


なおなお。
ガーデンテラス 見晴らしの塔
 田中健司 六甲光流
六甲枝垂れ
 伏見雅之 Lightscape in Rokko ~六甲ミーツ・アート2012~
の二つは夜の作品。18:00-21:00です。
寒かったのでこの日は帰りました。また機会があれば。
[PR]
by mandowj | 2012-10-25 00:42 | いろいろ楽しむ
六甲ミーツ・アート芸術散歩2012に行って来ましたレポ。
六甲オルゴールミュージアム編。

ところで
数年前はホール・オブ・ホールズ六甲という名前でしたよね。
改名したの知りませんでした。
たしかにオルゴールミュージアムのほうが、何の展示館か伝わりやすいと思います。



井口雄介 CUBeSCAPE
無数の立方体が自然に溶け合って新たな景色に、という作品。
結構な距離続いてます。圧倒されます。
a0125171_21313233.jpg

a0125171_2132181.jpg

a0125171_2132566.jpg


タン・ルイ 中庭の宙
 色鮮やかな洗濯ばさみで作った”彫刻”
a0125171_2134297.jpg

 ベンチがライオンぽく。
a0125171_2135526.jpg



渡辺英司 ホームベースタウン
 野球のホームベースで作った家(ホーム)。
a0125171_21353336.jpg

渡辺英司 名前の月
 電光掲示板に延々と流れる不思議なカタカナ。
 意味不明なカタカナは、月の地名を羅列したもの。 
 「実態のない名前だけで構成された月」を展示した作品。
a0125171_21371857.jpg

 この写真じゃさっぱりわかりませんね。
 現地でもよくわかりませんでした。すんません。
 ホームベースと月は、カンツリーハウスの蝶々と同じ作者です。


木村充伯 枝に顔(庭にいぬねこ)
 生木に直接掘った犬と猫。ちっさいのがたくさん居ます。
a0125171_2138923.jpg

a0125171_21383051.jpg


木村充伯 ひもに顔(ひとの巣)
ぶら下がっているのは絵の具そのもののかたまり。その全部に顔があります。
a0125171_21391967.jpg

a0125171_21393135.jpg

夜にみるとさらに不気味。
a0125171_2140544.jpg

a0125171_21401363.jpg



中川洋輔+藤原直矢 霧がつくる輪郭
 無数にたらした透明の糸が、霧のような景色をつくりだします。
a0125171_23443528.jpg

夜はライトアップされてこんな風に。
a0125171_2144374.jpg



下村千成 floating sight
 木々の中に大きな鏡。
a0125171_21451328.jpg

 パタリロ20巻あたりにこんな森がありましたね。魔界のアスタロト編。
 知らないですか。そうですか。


木村幸恵 クリスタル・オーガン
 テグスや透明樹脂で構成した幽霊ティックな作品。
a0125171_313315.jpg

a0125171_3142627.jpg

a0125171_3145472.jpg

 「作品を通じて、「視る」とはどういうことなのかを問いかけてます。」だそうです。
 えらい難しいコト訊かれてしまいましたなぁ。見る、観る、視る、診る、mill……


tarinainanika Coffee & I
 10/13-10/21だけの限定公演。
 役者さん2人によるコーポリアルマイムの上演作品。
 コーポリアルマイムは人間の動きそのものをより際立てて見せる芸、でいいんでしょうか。
 20分の熱演、鍛えた肉体の成せるワザ。
a0125171_3165311.jpg

a0125171_3171688.jpg

[PR]
by mandowj | 2012-10-24 00:27 | いろいろ楽しむ
六甲ミーツ・アート芸術散歩2012の行って来ましたレポ。
次は六甲高山植物園。

加藤泉 無題
 今年のミーツ・アートのポスターに掲載された作品。
 駅や電車で御覧になった方多いんじゃないでしょうか。
 見てるとぽかーんとした気分になります。こんな子がたくさん居てます。
a0125171_20253988.jpg

こんな子とか
a0125171_202614.jpg

ピースしてる子とか。
「自然と作品は対等な存在であり、共に向き合い変化し続けます。」だそうです。
a0125171_20261873.jpg



久門剛史 jazzと虫
 「時間や季節によって変化していく音と出会えます。」
 ソーラーパネルで動く金属棒がグラスを叩きます。キンキンキンキン………
a0125171_20275323.jpg



palla/ 河原和彦 池畔のシンメトリー
 写真だと分かりにくいです。真ん中左にカキワリで池が描かれています。
 そこに実在しない池が景色にとけ込む、という作品。
a0125171_20302614.jpg

悪く言うつもりはないですけどね。 
これ、現地でも真正面から見ないと、絵と周りの樹木、草木と同化しないんです。
最初気づかなくて、「あの錆びた鉄板はナンジャ?」と思ってました。


渡辺英司 蝶瞰図―六甲グラスハウス
 図鑑から蝶が飛び出して、という作品。
a0125171_2038162.jpg

 飛び出した図鑑のアップ
a0125171_20381836.jpg

 虫嫌いの人には居心地悪いかも知れません。
a0125171_20382084.jpg



山本聖子
「厚み・距離・存在」―六甲高山植物園ガラス室の場合―
 ガラスの向こうにガラス、その向こうにまたガラス。
 「触れられそうで、触れられない「距離」に改めて気づく…」という作品。
a0125171_20402564.jpg

 居合わせた子供は、ガラスの下を懸命に掘って向こうへ行こうとしてました。
 最初笑ってたオカンもひつこいので怒鳴って連行してゆきました。

今村遼佑 森と街灯
 2012公募大賞グランプリ作品。
 「景色の中に点在している小さな街灯は、そのまわりに人や街の気配を感じさせます」
a0125171_20491716.jpg

 小さなLED灯があちこちにつけられ、薄暗くなるときっとキレイな景色が広がるはず。
 大変ザンネンな事に、快晴の昼間ではなんのことや分かりません。
 ので、公式サイトから写真を拝借。
 
a0125171_20524260.jpg



クワクボリョウタ LOST #7
 高山植物園で一番気に入ったのがこれです。しかしながら影絵作品で撮影禁止。
 鉄道模型のライトが周りの”日用品”を照らしながら走り、壁に壮大な景色が広がります。
 別の作品ですが、昨年の写真を参考に。公式より拝借。
 
a0125171_210099.jpg



ミーツアート連動企画として、高山植物園独自企画、紅葉スタンプラリーが開催されてます。
ミーツアート参加アーティスト6人が作成した特製スタンプを集めながら紅葉をめぐる企画。
a0125171_21195999.jpg

どの紅葉も色づき始めてました。
おすすめはドウダンツツジ。別名「満天星花」。 


もうしばらく続けます。
[PR]
by mandowj | 2012-10-23 00:14 | いろいろ楽しむ
さわやかな秋晴れの10月20日。
六甲ミーツアートに行って来ましたよ。
アート?芸術?なんだそれ。な人も、行けばきっと楽しめる現代アート展。

見所たくさんなので会場ごとにアップします。
まずは六甲カンツリーハウス。

開発好明 物干川
ボ~ルド的な爽やかな作品。雨の日はどう見えるんでしょう。
a0125171_12412868.jpg

a0125171_12415438.jpg


小山めぐみ(from GoDFaMily)大自然の着ぐるみ ~Colorful of Life~
松をまるっとニット編み。キノコもマイマイもニット。
a0125171_12431035.jpg

a0125171_12433266.jpg

a0125171_12433724.jpg

a0125171_12434246.jpg


横田健司 65 rooms
65の小さな部屋を通して風景をのぞく作品
a0125171_1247371.jpg

こんな部屋とか
a0125171_12471724.jpg

こんな部屋とか。
a0125171_12482093.jpg

裏から全体を眺めるとこんな感じ。
8×8=64。65roomsにひとつたりないですね。
きっと、この全体を眺める場所が65番目の部屋なんでしょう。
a0125171_12491863.jpg


大塚朝子 似た雲の分類法
 大理石で出来た雲の彫刻群。わりと急な斜面にかなり広く散りばめてます。
a0125171_1253586.jpg


開発好明 発泡山
 人工物と自然との対比な作品
a0125171_12551458.jpg


他に
しりあがり寿 レストランの秘密 <撮影禁止・室内展示>
開発好明 未来郵便局 
が見れます。


更には、この日だけ開催のワークショップがふたつ。
 淺井裕介 ~ピクニックツリー~
 大芝生の丘に大きな木の絵を描こう!
 参加グループが自分達の書いた葉っぱの上でお弁当を食べる、という所までがアート。
 そしてその光景を遠くから眺めるのもアート。‎
a0125171_23342434.jpg


もうひとつのワークショップは
 スサイタカコ~パラレルパラソル みんなでクルクル~
 これは一般の方が作られたものなので遠目から撮影。
a0125171_2336103.jpg

[PR]
by mandowj | 2012-10-22 13:00 | いろいろ楽しむ
10/7土曜
長らくサボってましたが六甲山。
今回は三田市のファミリーとご一緒することになり、初めて裏から登ります。
集合場所は有馬温泉。
a0125171_23363514.jpg

ロープウェイの有馬温泉駅から山歩きスタート。
2歳児をしょったファミリーは一足先にスタート済み。
本当はワタシが小遅刻。ごめんなさい。
a0125171_23364225.jpg

しばらくすると有馬温泉癒やしの森 登場。
登山路はここで分岐しますが、左の魚屋道方面へ。
a0125171_233791.jpg

これがねぇ。やたら蹴上が高い階段の連続。
子供背負ったパパにはかなりキツかったのではないでしょうか。
全然癒やされない森。

ほどなく休憩中の先行パーティーに合流。
癒されない階段を抜けて、12キロのウェイトは自力歩行モード。
本人も楽しい。みんなも楽しい。
a0125171_23384043.jpg

ととや道をすすっと登って、六甲最高峰。
関電柱にもほれこの通り。
a0125171_23384717.jpg

とても見晴らしがいい、最高峰の少し手前。
肉眼で大阪湾一望。コンデジじゃもひとつでしょうか。
a0125171_23385770.jpg

最高峰の碑周辺は昼食パラダイス。
a0125171_2339782.jpg



有馬方面へ下山の三田御一行とお別れ。
帰路は住吉道をまっすぐ自宅まで。
思ってた以上に長くしんどい下り道でした。

途中にあった案内板。
a0125171_2340324.jpg

見てやって下さい、と書いてるので寄ってみた。
水害で流された石碑もまた山人の目に触れて喜んでいることでしょう。
a0125171_2340632.jpg

なんと桜が咲いてました。
a0125171_23405823.jpg


10月7日の六甲山。気分爽快、全身ぐったり。
[PR]
by mandowj | 2012-10-07 16:25 | いろいろ楽しむ