靭帯再建3年目の雪山ログ   .ノーモアクラッシュ     .  ノーモア靭帯断裂       .滑らないときはスイーツ日記  .その他落語とか山登りとか


by mandowj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:六甲山 ( 24 ) タグの人気記事

六甲ミーツ・アートの作品をひきつづきいろいろと。

蓑虫なう/角野晃司
a0125171_12333227.jpg

あるいてると突然、
「こんにちは~」 と声をかけられました。
作者ご本人が蓑虫になり、2ヶ月間ここで観客と触れ合ったりツイッターをしてたそうです。
とても朗らかな楽しいヒトでした。
インパクト大。ほっこり度大。
一般投票で大賞に選ばれたのも納得。
いや、六甲場所のほうがよかったな…。六甲場所は2位。



影見/下平千夏
a0125171_12415243.jpg

六甲高山植物園の池の上にでかい木が浮かんでます。
パッとみただけだと ふーん て感じでしたが
風が出て木が揺れて水面が波立つと景色が一変しました。
晴れたとき、曇りのとき、風の吹いたとき、いろんな光景がみえるんでしょう。
ふーん が ふ~~~ん になりました。



揺れる風景/宮永甲太郎
a0125171_13582710.jpg

こちらはホールオブホールズ六甲の裏庭。
水面に浮かぶ苗のようなもの、これヘラブナ釣り用の浮きです。その数8000本。
風が吹くと揺れて動いて色や模様が変わります。

要するに・・・5月の田んぼのようです。
小さい頃よく見た風景です。つやぷさんちの近所で見れます。



Red or White/藤江竜太郎
a0125171_1250492.jpg

奥にみえてるのは六甲山の新名所、六甲枝垂れ。
その周りに赤白に塗り分けられた風車がたくさん。
風向きが変わると赤が白に、白が赤に。風の動きで景色の色が変わる面白い作品。
この作品が芸術散歩公募大賞。プロの審査員が選ぶ大賞作品です。

ただ、見に行った日は横風が大変に強く、ずーっと白でした。
グルングルン景気よく回ってました。



カレイドスカイ/〇×〇×〇 ←作者名はゼロバイゼロと読むらしい。
a0125171_1257212.jpg

三面鏡張りの筒に入って見上げると 空と雲の万華鏡となります。
この日の空はこんな感じ。ドンテン。
a0125171_1385611.jpg




六甲の自然の中に展示する、ということで
風の動きや日光を作品に取り入れたものが多かったです。
何度か繰り返し見に行ってもその都度印象が違ったと思います。
最終日だけではもったいなかったなー。
もっと早く行っときゃよかった。


_________________________________________________________________

風にも日当たりにも左右されない作品もあります。

牛ソープ/入江早耶
a0125171_18554990.jpg

みなさんおなじみ牛乳石鹸でつくった 牛の彫刻。
牧草も柵も箱を切ってます。
これが会場中のトイレに展示してました。


たくさん並ぶとこうなります。
a0125171_18581613.jpg


_________________________________________________________________

<おまけ>
ゲージツよりも 虫 が好きなオマエタチに。

第9使徒マトリエル
a0125171_1934961.jpg

[PR]
by mandowj | 2010-11-24 22:33 | いろいろ楽しむ
六甲ミーツ・アート「芸術散歩2010」に行ってきました。

なにそれ知らん。 という方は、まずこちらのCMをどうぞ。(おしどり作)



六甲山上で9月から約2ヶ月開催していた現代アート展覧会です。

そのうち行こうと思ってたらいつのまにか11/23最終日。

行って見て楽しんできました。

___________________________________________________________________
一番の目当ては おしどりの作品 『 六甲場所 』

作品解説 公式サイトから拝借
はりがねを使ったワイヤーワークで大相撲「六甲場所」を開催する。六甲の自然を守る神々の相撲を想定、市民に愛されている六甲山をゴミで汚さずきれいに保ってほしいという願いとともに、自然の生存競争もユーモアのなかに表現する。人気力士の取り組みには落ち葉の懸賞幕のふれ回りなどもあって、山道のあちらこちら、木かげ、茂み、いろいろなところにひそんでいる取り組み、稽古している力士などを蝶獣戯画のように、散策しながら隅々まで楽しんでほしい。
a0125171_12364737.jpg

a0125171_13105377.jpg

a0125171_12131399.jpg

a0125171_16315059.jpg

a0125171_16321055.jpg


至る所にハリガネでできた力士やカエルやウサギが点在してました。

いや、ほんとにね。ものすごく細かいところにまで居るんですよ。

メインの力士達以外にもハリガネの花や蝶やセミがあちこち。

これは本物を見に行ってよかった。大満足。

素人写真じゃ良さが伝わらず残念なので・・・。これまたおしどり作のCMをどうぞ。




他にも楽しい作品がたくさんあったのでもう少し続けます。
[PR]
by mandowj | 2010-11-23 13:30 | いろいろ楽しむ

六甲山ダウンヒル

a0125171_23481019.jpg

六甲山のあじさい。いたるところに咲いてます。
あまり知られてませんが六甲山はあじさいの名所でもあります。
しかし同時にウグイスが鳴いてます。季節がよくわかりません。7月だよね?



達成感を胸に 六甲山最高峰 から出発。

山を登ったあと次にすること、それは 山を降りること。 
自転車では下りのほうが危険なのはシロートの私でも知ってます。
なので、表六甲よりも斜度のゆるい西宮・宝塚方面へ。

この辺りは市境が入り組んでます。
芦屋市 西宮市 芦屋市 西宮市・・・めまぐるしく変わります。
a0125171_23465129.jpg

a0125171_2347613.jpg




一軒茶屋から盤滝トンネルの信号まで
約5kmのノンストップダウンヒル。
目標は安全運転。


えっ
ちょっ!!
速ぇー
こぇー!!
減速減速!ブレーキブレーキ!!ポンピングポンピングぶれーきんぐ!!!
それでも速ぇー

先週タイヤ交換とブレーキ調整しといて良かった。
車よりもバイクよりも数倍怖い。でも楽しい。でも怖い。
バイクと同じように体重移動しないとカーブ曲がれないんですな。
いやーこれは激しい。やってみて初めてわかりました。

ハチ北方面の方にわかりやすく表現すると
スカイロードの全力チョッカリより もっともっと速ぇー怖ぇーです。
これが5km続くんです。怖いでしょ?




信号でストップ。はー、怖かったけど楽しかった。


ん?なにやら焦げたニオイが。
・・・。
うおっ!!
ブレーキがあげてるーー!!



高熱になりすぎてローラーブレーキのグリスが気化したらしい。
最低限の修理用品は持ってきてるけど 補充グリスまではないわな。

やがて後輪ブレーキは、年期の入ったママチャリのように
ギギーギギーと金切り声を発するように。
こりゃいかん。
前輪ブレーキだけを活用して通りがかりの自転車屋さんにピットイン。
作業時間2分。工賃200円。チャリーン

いろいろ話をきくと
このブレーキは基本的にノーメンテ。
補充グリスも一般的に売ってる訳ではないんだとか。探せばあるんだろうケド。




車でもバイクでも自転車でも共通の事ですが
止まれるからこそ安心してスピードが出せる。スキーも一緒か。

それなりのチャリは 出るスピードに適したブレーキ性能があるはず。←そうでもないらしいです
それなりじゃないチャリは ほどほどのスピードで押さえとかないと。


決めた。

もうこの自転車ではダウンヒルしません。危ないもの。

ということはヒルクライムもしませんよ。

ましてハチ北アタックなんて!ww




ダウンヒル終了後。
心地よい風が吹く 西宮・北山貯水池。
a0125171_111592.jpg

[PR]
by mandowj | 2010-07-11 23:25 | いろいろ楽しむ

六甲山ヒルクライム 

今年の春はどこに行こうか?
今年の夏はどこに行こうか?
春の桜も夏の海も あなたと見たいあなたと居たい
今年の秋はどこに行こうか?
今年の冬はどこに行こうか?
秋の紅葉も冬の雪も あなたと見たいあなたと居たい




前回のちゃりんこブラリ旅・摂津高槻編のコメントで
上り坂は普通の自転車だとシンドイぞ という話になったので。

実際にやってみよう。
どれくらいしんどいのか?
六甲山ヒルクライム!


うちの近所、高羽の交差点からヒルクライムスタート。
a0125171_23555676.jpg


普段 坂道立ち漕ぎ は冒頭の曲を歌いながら坂の頂点まで一気に上がるのですが
今日はあかん、漕いでも漕いでも進まん。(わかってたけど)
降りて押す、乗ってこぐ、おす、こぐ、押す、押す、押す・・・

30分弱で 六甲ケーブル下駅 に到着。梅雨の晴れ間の土曜日だけあって行楽客の姿が。
しかしオレは自力で行くのだ。
a0125171_275317.jpg


さらに30分、ようやく 表六甲ドライブウェイ 入口。
車で通ってても急坂と思ってたのに 一般チャリだとどうなるんだろう。

表六甲ワインディング中の絶景ポイント。
前から気になってましたが車停めてまでは撮れないので
自転車で来て初めて撮る事が出来ました。(天気いまいちですが)
a0125171_0135975.jpg

後ろから来たバイクの異人さんに
「だいじょうぶデスカ?ワタシのバイクの後ろに捕まっていくカイ?」と言ってもらったり
オレ昔原付でそれやってポリスメンに捕まったコトあるのよね。安全運転義務違反とやらで。
すれ違いのダウンヒルの本気レーサーさんに 親指ピッ と無言の励ましをもらったり。
ちょっとした出会いを楽しみつつ漕いで押して押して

表六甲に入ってから ほとんど押して歩いて約30分。
鉢巻展望台 に到着。ここで小休憩。
今日は六甲アイランドまでしか見通せませんが
大阪湾ぐるりの夜景で有名なところです。夜景はこちら参照
a0125171_022164.jpg



ココまできたらあと少し。漕ぐこぐおすこぐおすおすおす
25分後見覚えのある看板。ついに表六甲ドライブウェイ制覇。ちょっと感動。
a0125171_2152758.jpg



久しぶりに楽に漕げる!前に進む!チャリが速い!
あぁ、自転車ってラクな乗り物だったんだ。
a0125171_1154955.jpg





などと思ったのも束の間。
六甲山頂の走路も結構アップダウンが厳しいのだ。
車だとあまり気にならなかったけどホールオブホールズからが地獄の上り坂。
あきらめて再び押したり漕いだり歩いたり。


六甲山カンツリーハウス に到着。ここで軽食休憩。
かつてワタシが通った 六甲山[人工]スキー場 は この敷地で冬だけ営業してます。
夏場に来るのは十数年ぶりですが、驚いた事に駐車場満車寸前。
バーベキューサイトが人気のようです。家族連れや若者グループがたくさん居ました。
a0125171_1185614.jpg



六甲山ガーデンテラス 見晴らしの塔。
摩耶山掬星台にならぶ神戸夜景スポットだそうです。
ここは初めて来ました。いつごろ出来たんでしょう。昔は「回る十国展望台」だったぞ。
a0125171_119495.jpg



登ってみて大阪湾の眺望より気になったのが 宮崎駿チックなこの建物。
a0125171_1435949.jpg

自然体感展望台「六甲枝垂れ(しだれ)」という施設らしいです。
7月13日(火)オープン。もうすぐですね。この日は関係者の内覧会をしてました。



ガーデンテラスから更にすすんで最後はここ。
六甲山最高峰。
疲れもふっとぶ達成感。てっぺんに到達したぞー
a0125171_1491576.jpg


が、最高峰の碑よりこっちのほうが興味深かったりする。職業柄?
a0125171_1585170.jpg







登坂路は8割がた徒歩。いわゆる自転車のヒルクライムとは違いますが
自力で六甲山頂まで上がりました。
筋力・体力・走行技術より 精 神 力 ですw
なんか白馬のてっぺんでもこんなこと言われた気が・・・


いまならモリクマの地獄のラッセルも出来そうな気がする。


 続く
[PR]
by mandowj | 2010-07-10 21:00 | いろいろ楽しむ